日本のElefen
Lingua Franca Nova (リングア・フランカ・ノバ、リングワ・フランカ・ノーヴァ、LFN、Elefen、エレフェ(ー)ン) は、国際交流のためのことさらに単純で安定した学びやすい言語として設計されている。以下のような利点を持つ。 Lingua Franca Nova (“elefen”) es un lingua desiniada per es vera simple, coerente, e fasil aprendeda, per comunica internasional. Lo ave cualias diversa:
1. 限定された音素のみを用いる。イタリア語やスペイン 語のような響きである。1. Lo ave un cuantia limitada de fonemes. Lo sona simil a italian o espaniol.
2. 文字は発音どおりに綴られる。不規則な綴りや発音を習 得するのに何年もの努力を要するのは好ましいことではない。 2. Lo es scriveda como lo sona. No enfante debe perde multe anios en studia esetas.
3. 完全に規則的な文法を持つ。英語やインドネシア語の ように簡素な文法である。3. Lo ave un gramatica vera simple e coerente, simil a la creoles de la mundo.
4. 日常的な新語合成用に例外が一切ない少数精鋭の接辞が 用意されている。4. Lo ave un grupo limitada e tota coerente de afisas produinte per crea parolas nova.
5. 多くの主要な言語を参照して割り出された明瞭な語順規則を 持つ。5. Lo ave regulas bon definida per la ordina de parolas, como multe linguas major.
6. 語彙は現代ロマンス諸語にもっぱら由来する。現代ロマ ンス諸語はそれら自体が世界的な話者と影響力を持ち、さらに英語の語彙の主要部分の源泉ともなっている。6. Lo ave un lista de parolas fundida en la linguas romanica moderna. Esta linguas es comun e influosa, e ia contribui la parte major de parolas engles.
7. 事実上の「世界標準」であるラテン語・ギリシア語系科学技術用 語と馴染むように設計されている。7. Lo es desiniada per aseta natural la parolas tecnical de latina e elenica, comun tra la mundo.
8. ロマンス諸語に馴染んだ人々にとって比較的「自然言語的」に 見えながら、その他の人々にとっても習得がそれによっ て困難になることのないように設計されてい る。8. Lo es desiniada per apare “natural” per los ci comprende la linguas romanica, ma lo no es min fasil per otras.
気に入っていただければ幸いである!Nos espera ce tu va gusta elefen!

基本原則

文字と発音

文字発音
aア (ah)
bバ (boy)
cカ (cat)
dダ (dog)
eエィ (end、eight)
fファ (fun)
gガ (go)
hハ (hat)
iイ (see、yes)
jジャ (treasure)
l滑らかなラ (low)
mマ (map)
nナ (new、ring)
oオゥ (on、own)
pパ (pen)
r滑らかでないラ、ッラ (roll)
sサ (see)
tタ (tea)
uウゥ (food、wed)
vヴァ (view)
xシャ (shop)
zザ (zoo)

語順

主語 – 動詞 – 目的語 :
  • la fem ama la casa   「その女はその家を愛する」
冠詞 (群) – 名詞 – 形容詞 (群) :
  • la casa grande   「その大きな家」
助動詞 (群) – 動詞 – 副詞 (群):
  • me debe pasea atendente   「私は注意深く歩かねばならない」
前置詞 – 名詞:
  • el es en la jardin   「彼は庭にある」

文法

品詞など 名詞の複数形は -s (子音の後ろでは -es) を付けて示す :
  • omes e femes   「男たちと 女たち」
動詞の過去時制は助動詞 ia で示す :
  • tu ia labora   「あなたは働いた」
動詞の未来時制は助動詞 va で示す :
  • tu va labora   「あなたは働くだろう」
条件法 (オプショナル) ta で示す:
  • si me pote, me ta vola   「私はできれば、私は飛んでいくのだ」
それは同じ主題を持っている場合一つの動詞は、別のに従うことができます:
  • me vole compra un camisa   「私はシャツを購入したい」
自動詞は、単純に目的語を続けるだけで使役動詞になる :
  • me move   「私は移動する」   →   me move la table   「私はテーブルを移動」
動詞に -nte を付けて作る能動分詞は、形容詞および名詞として使える:
  • donante   「与えている (形容詞) または 与え手」
動詞に -da を付けて作る受動分詞は、形容詞および名詞として使える :
  • donada   「与えられた または 贈り物」
動詞はそのままで名詞としても使える :
  • nos dansa   「私たちは踊る」   →   la dansa   「その踊り」
形容詞も同じく名詞としても使える :
  • un om saja   「ある賢い男」   →   la sajas   「賢者たち」
副詞は形容詞と同形である:
  • un om felis   「ある幸せな男」   →   el dansa felis   「彼/彼女は幸せに踊る」
質問をするには、質問ワードまたは esce で始まり、? で終わる 私は歩くことができることを願っています。 :
  • esce tu pote dansa?   「あなたダンスができますか?」
  • cuando tu prefere come?   「ときに食べることを好むのですか?」

よく用いられる接頭辞

des-   =   その動詞による結果を元に戻す
  • infeta   「感染させる」   →   desinfeta   「殺菌する 」
re-   =   さらにまたは再び行う
  • comensa   「始まる」   →   recomensa   「再開する」
non-   =   否定、正反対
  • felis   「幸福な」   →   nonfelis   「不幸な」

不幸な

-or   =   役割または仕事としてその行為をする者
  • dirije   「指揮 (ディレクト) する」   →   dirijor   「指揮者 (ディレクター)」
  • carne   「肉」   →   carnor   「肉屋 (人)」
-ador   =   その行為をする道具
  • lava   「洗う」   →   lavador   「洗浄機 」
  • umida   「湿った」   →   umidador   「加湿機」
-eria   =   その行為が定期的にされる場所
  • carne   「肉」   →   carneria   「肉屋 (店)」
-able   =   その行為の対象たり得る
  • ama   「愛する」   →   amable   「愛され得る (もの) 」
-eta   =   小型版、子、下着
  • jaca   「ジャケット」   →   jaceta   「ウェストコート」
-on   =   大型版、上着
  • avia   「鳥」   →   avion   「飛行機」
-ia   =   名詞・形容詞を抽象名詞化
  • madre   「母」   →   madria   「母性」
  • vana   「虚しい」   →   vania   「虚栄」
-i   =   になる
  • roja   「赤」   →   roji   「赤くなる」
-i   =   道具の目的行為を具現する
  • telefon   「電話」   →   telefoni   「電話する」
-i   =   分数、例えば
  • des   「十」   →   un desi   「0・1」

よく用いられる単語

la定冠詞
un不定冠詞
me私、私を、私の
tuあなた、あなたを、あなたの
el彼、彼を、彼の、彼女、彼女を、彼女の(人)
loそれ、それを、それの (物事)
on人々
nos私たち、私たちを、私たちの
vosあなたたち、あなたたちを、あなたたちの
los彼ら、彼らを、彼らの、彼女ら、彼女らを、彼女らの、それら、それらを、それらの
se自身 (第三人称再帰代名詞)
es~である
ave持っている
dona与える
dise言う
vade行く
vole~したい
pote~できる
debe~すべきである
estaこの
acelあの
totaすべて
cada
cadun
multe多くの
algaいくらかの
algun誰か
pocaわずかな
nunだれも
anさえ
cualこれ、何の
ce何・文接続詞
ci
cuandoいつ
cuantoどれだけ多く
doどこ
comoどのように
perceなぜ
carなぜなら
afinの順に、様
pluもっと
minより少なく
caより
eより少なく
oまたは
maしかし
siもし
si!うん!
no!違う!
a~の場所で
ante~の前に
asta~のそばに、~と並んで、~まで
con~と共に
contra~に反対して
de~から、~の外で、~以来、~の、~について
en~の中で、~の中へ
entre~の間に、~の間ずっと
estra
par~によって (受動態の行為者)
per~のために
pos~の後で、~の後ろで
sin~なしで、~を除いて
sirca~のまわりに、おおよそ~で
su~の下に
supra上に、上方に
sur~の上、~上に
traスルー
ultra向こう
zero0
un1
du2
tre3
cuatro4
sinco5
ses6
sete7
oto8
nove9
des10
sento100
mil1000
aloやあ、もしもし
bon diaこんにちは
bon noteこんばんは、おやすみ
como lo vade?調子はいかが?
bon良い
mal悪い
grasiasありがとう
adioさようなら
om
fem
xica少女
xico少年
ami友人
ama
odia嫌い
oio
vide見る
orea
oia聞く
boca
testa
mano
dito指、つま先
pede
colpaヒット
pasea歩く
core走る
gato
can
cavalo
bove
porco
galチキン
avia
pex
flor
arbor
pais国土
site町・都市
vila
casa
ofisiaオフィス
otelホテル・宿屋
scola学校
restorante料理店
auto自動車
tren列車
avion飛行機
barcoボート
bisicle自転車
gida導く, ドライブ
vola飛ぶ
viaja旅行する
sala部屋
seja椅子
tableテーブル
letoベッド
telefon電話
entra入力する
sorti出掛ける
senta座る
usa使用
camisaシャツ
pantalonズボン
faldaスカート
robaドレス
jacaジャケット
sapato
xapo帽子
porta運ぶ、着る
vesti服装をする
desvestiふだん着
libro
jornal雑誌
penペン
notaノート
leje書くこと
scrive読むこと
anio
mense
dia
ora時間
minuto
secondo
tasカップ
vitroコップ
plato
forceフォーク
cotelナイフ
culierスプーン
carne
vejetal野菜
poma野菜
oraniaミカン
panパン
pasta
ris
cosiniクック
come飲むこと
acua
te
cafeコーヒー
birビール
vinoワイン
bevi食べること
sol太陽
luna
pluve
neva
tera大地・地球
mar
color
roja
orania炎色
jala黄色
verde緑色
blu濃紺
azul水色
blanca
negra
brunブラウン
grisグレー
grande大きい
peti小さい
longa短い
corta長い
distante遠い
prosima近い
bela美しい
fea醜い
cara大切な、高価な
barata安い
custaコスト
paia支払う
compra買う
vende売る
abridaオープン
cluida閉じた

Traduida par Samwyn.

© 2014 Elefen.org. Tota diretos de autor es reservada.